FC2ブログ
現役プログラマー村健の、投資に役立つプログラムを作るための勉強ブログです。 自動売買、システムトレードに挑戦!します。 勉強と習得の成果を記録です。
本ブログについて
本ブログは、プログラマー観点で投資への対費用効果を上げるために何ができるか?を考えていくブログです。
基本的には、ツール作成・公開、投資に関わるプログラム情報、最終的には 完全なる自動売買を目指しています。

現在、HPの方で現在作成中のツールや発注ロジックなどを公開中です。
MySQLへのVC6からアクセスするには、現状わかっている範囲では、
libmysql.libをリンクし、libmySQL.dllにパスを通す事で、
MySQLへアクセスするための命令が使えるようです。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
スポンサーサイト



リスクヘッジも行うシステムトレードといった話はあまりききません。
そもそもシステムトレードの形態から、そんなことをシステムに組み込む必要はないのだろうか。
もし組み込むとしても、人間が行っている作業を単純にプログラムするだけでしょうけど。
リスクヘッジをするより、収益が期待と異なってきた場合に行うシステムの乗り換えの方が考え方が単純?異なるシステムを複数運用=リスクヘッジになるため、リスクヘッジの手法をわざわざ組み入れる必要はない?
結論、システムトレードシステムの機能として、使用できるリスクヘッジ手法を選べるシステムはどうか。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
ファンダメンタル観点でのシステムトレードも視野に入れて、決算短信等のPDFから情報を取得する方法を調べてみました。

市販やフリーのソフトでテキストやOFFICE形式に変換するものはいくつかありましたが、決算短信等の情報を取得してくれそうなものは、ぱっと見みつかりませんでした。

方法としては、
a.上記ソフトを自動実行する機能と、出力されたファイルからデータを取得する機能をもったツールを作成
b.PDFからデータ取得までを行うツールを作成
が考えられます。
aは簡単、bは大変な感じです。

a.のメリットは
・作成で一番大変な処理部分ができている
・PDFフォーマット変更も販売会社が対応してくれる
デメリットとしては
・変換ソフトがコマンドプロンプト等の外部からの実行ができない場合に誤動作の可能性がある(やるとした場合、マウスを自動操作する感じ?)
・PDFフォーマット変更に、販売会社が即座に対応してくれるか不明
・ソフトの出力形式が少しでも変わると、自作部分のソフトにも変更がでる。
ということですね。

b.のメリットとしては
・決算短信PDF情報取得用のように機能を特化させる事で、情報取得の精度を高められる
デメリットは、
・作成に工数がかかる
・PDFフォーマット、決算短信の変更対応を自分で行う必要がある。

a.b案共通の懸念として、決算短信等自体のフォーマットが各社でどこまで一緒か、今後かわっていくか、です。

さっさとxmlなりにしてくれればいいものを。。。
どこかに誰かが作ったツールが落ちてないものでしょうか・・・

全部自作しようとした場合の情報を集めてみました。

PDF→テキスト変換ツールを公開されている方がいらっしゃいました。
http://homepage3.nifty.com/e-papy/

現在はツールの更新はされていないようです。
決算短信のPDFをテキストに変換してみましたが、あたりまえですが文字の位置などがPDFのようには置き換えられませんでした。このままでは自動で判別するのは困難です。
残念ながらソース公開も現在は行っていないようです。

変換に必要な情報についても紹介されてましたので、参考になるのではないでしょうか。


後の宿題は、
・各企業のHPを自動巡回し、決算短信等の更新チェック&取得するツールの考察
・EDINETからの情報取得は可能か?
・会社四季報CD-ROMからの情報取得は可能か?
やることはあっても、情報と知識と時間がないのが痛いです・・・

※その他のPDF変換情報
・http://support.adobe.co.jp/faq/qadoc/spitz.nsf/e5b96c611b2e4b2849256d49000a9372/62ec70f457b2951049256e5f003ead32?OpenDocument
・http://www.keiyu.com/doc/pdftxt.htm

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
最近知ったのですが、新しくできたGMOインターネット証券では、国内証券で初めてAPIを公開するようですね(年内をめど)。
どの程度できるのかはまだわかりませんが、これで日本のシステムトレード環境向上のさきがけになると思われます。
(海外のAPIを公開している証券会社で日本株も扱えるものがあるみたいですが、やはりとっつきにくいですね)
ということは、これからツールを作成していく人は、これらAPIを考慮したIFにしたほうがよいのでしょうね。
楽天RSSはもう不要?でもプログラムに詳しくない人は簡単な楽天RSSの方がよいのか・・・。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
現在、ファンダメンタルの勉強も行っています。

決算書
古本屋で安く売っていたので買ってみました。

入門者にもわかる基礎知識といううたい文句があったのですが、やはり素人の私にとってはもう少し超初心者用の内容がのっていないと、理解が厳しかったです。というか半分もできていない(汗。
決算書を勉強したい初心者向けとしての本というよりは、決算書から分析したい初心者向けの本、という印象をうけました。
まだ私は詳しくは理解していませんが、決算書の項目を利用して分析する手法が、わかりやすく、いくつものっています。

システムトレードといっても、日中、スイング、長期といった種類があると思いますが、将来の中長期のシステムトレードは、ファンダメンタルもさらに重要になってくるんだろうと思います。(システムトレードの一般化や、デイトレ禁止などで)

現在、私が知っている限りでは、システムトレードシステムは主にテクニカル重視で、ファンダメンタルの指標も利用するものは少なく、あっても主要な指標くらいでした。

では、なければ有価証券報告書やニュースなどでのファンダメンタル重視なシステムを作ろうと思うと、現状の環境ではDB化されていない為(PDFとか)、扱うのが困難です。(どこかでDBとして提供してくれているところあるのでしょうか?)
それなので現状はあまり普及してないのかな、などと勝手に思っています。
(自動でなければ、スクリーニングや気に入った企業を分析している人は大勢いますが)

いつになるかはわかりませんが、こういった情報も扱いやすい形で提供されるようになるでしょう。
そうなってくると将来のシステムトレードシステムもまた形が変わってくるんでしょうか。
こんな感じ?
・昼夜自動巡回
・決算発表リストにある、決算発表企業をたえず監視
・決算発表があれば、ファンダメンタルから最適な理論株価、分析指標を算出、現状のテクニカルとも照らし合わせ、購入・売却を検討

こういったツールが広まって、一般で手に入る情報がすべて市場に加味されるようになると、最終的には将来性を計る知識や発想を持つ、インサイダー情報をもった人しか勝てないようになるんでしょうか。。。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
ビジネス本をいっぱい読みたいが、そんなに本買うお金ないな、と思っていたところ、音声でビジネス書の紹介をやっているサイトがありました。
気になるけどどうしようか、といった本があったら買う参考にできますし、詳しい内容まで説明してくれているので、聞くだけで大筋を把握できました(把握した気になっただけかも)。
・NetVoice
 http://www.netvoice.jp/
・新刊JP
 http://sinkan.jp/betatest3/index.php

新刊JPは会員登録いりますが、どちらもタダでした。
今後はこういった形のサイトも増えていくんでしょうね。

NetVoiceは紹介音声がPodcasting対応なので、通勤時間にでも聞けますね。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
MySQLにアクセスするには、MyODBC(ODBCドライバ)、MyOLEDB(OLE DBプロバイダ)、MySQLDB(COM)があるようです。
本家MySQL.comからリンクがありました。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
とりあえずMySQLへのMDBからの株価データ登録は無事に完了したっぽいです。
MySQLサーバのSJIS対応は、[mysqld]の下にdefault-character-set=sjisを追加して再起動したらできました。
データ移動には、MDBからCSVファイルで出力して、かねやんMySQLAdminのソフトでテーブル作成からCSVファイル取り込みまでを行いました。
次はVC6からのDBアクセスですか。。。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
MySQLのインストールを行いました。DBはほぼ初心者の為、四苦八苦です(汗。
ネットで情報を探したところ、MySQLの5.0の情報はあまり見つけられなかったことから、4.0を使用することにしました。
さてプログラムの改造ですが、VC6からMySqlのDBにアクセスするにはいったい・・・。ODBCを使うしかない?すると速度激減するらしい?といった状況です。。。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
現在のDBを前回のC案にコンバートしてみたら、2004年~のデータで180Mになりました。データサイズを何も考えず速度重視の構成にした為、しかたがない気もしますが、10年分のデータだと約700Mになります。。。そして実際このデータ形式に対応したアクセス処理を作ろうと思うと、やっぱりDBアクセスと同じような処理を作るわけで。。。さらに、テスト処理高速化のために分析用データも別にファイルにしようと考えているので、サイズ的にも問題が出てくることになりそうだし。。。
それなので、やはりMySQLでも試してみて、速度はやければこちらにしようと思います。。。

SQL本はこちら

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング